松原幸行
Picture 1

UXリポジショニング

UXのUserという部分に違和感を覚え始めている。突き詰めれば突き詰めるほど現実と離れる場面がある。 第一に、「ユーザー」という言い方は何かおおざっぱで、抽象的だ。サービス提供側のUX改善などを行う時も「ユーザー」と言うのか。確かにシステムや業務系サービスを利用するユーザーではあるのだが、良...

View more →

Picture 1

シンプル イズ “NOT” ベスト

シンプルとは「簡素で単純なこと」である(デジタル大辞泉)。シンプルなデザインとは「単純なさま」である(大辞林 第三販)。簡素で単純であればシンプルなのか。ケンブリッジディクショナリーによると「難しくないこと(easy to understand or do; not difficult)」とな...

View more →

Picture 1

近未来の監視エクスペリエンス

「21世紀のフューチャリスト用語[1]」によれば、 近未来の監視は「相互監視(コベイランス)」である。 「相互監視(コベイランス)」とは、SF作家デイヴィッド・ブリン(David Brin)氏の造語であり、共監視を通じて透明な社会とする事を意味している。最近のドライブレコーダーによる報道など...

View more →

Picture 1

テレビCMとUX問題

テレビを観ていて、CMになると急に音量が大きくなり、ウザイと感じることは無いだろうか。映画やドラマなどを観ている時は水をささられる感がひじょうに強い。ところが、民放が定めた規定[1]に従っているとするならば、プライムタイムのメイン放送とCMとでは、音量に差は無いようだ[2]。CMではBGMもあ...

View more →

Picture 1

フードロスとUX

出された料理を完食するのは下品? 「残さず食べるのは失礼?大人なら知っておくべき、海外のテーブルマナー」というコラム[1]には、少々疑問を抱かざるを得ない。中国では少し残すのが礼儀だと言う。昔はそういうこともあったかもしれないが、フードロスが問題になっている昨今、礼儀とか品を理由に料理を残す...

View more →

Picture 1

ジョナサン・アイブの起業

今日の「Designer News」で、アップルの最高デザイン統括役員(Chief Design Officer)のジョナサン・アイブ(Jonathan Ive)氏が年末にアップルを退職し、自身のベンチャーを起業するというニュースが入ってきた[1]。ベンチャーの名称は「LoveFrom」といい...

View more →

Picture 1

UX関連イベントの案内

2019.10.1 更新(★印は無料イベント) ーーー 9月 ★展示会「オープン・スペース 2019 別の見方で(Alternative Views)」(ICC、5/16〜2020/3/1、無料)> https://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2019/...

View more →

Picture 1

5段階の成長尺度

何事も、道を極めようとする姿勢は尊いものである。そしてどこまで極めたかを知りたいのが人情であり、知ることで、登山のように更なる高めを目指す気持ちも生まれる。 そのようなモチベーションの目標を可視化するために、身の回りの様々なスキル/技能の成長がレベルで示される。その多くが5段階である。 一...

View more →

Picture 1

HSPと感性

HSPという気質がある。Highly Sensitive Personの略で、病気ではなく、生得的に繊細な心を持っており感受性が強く精神的に敏感な人のことである。今このHSPに興味を持っている。 HSP判定サイトで自己判断すると、当たっている項目もあるが、自分はHSPではないことが分かる[1...

View more →

Picture 1

2019年のUI/UXトレンド

1月のDesigner Newsで公開され、半分書いた状態で放置していた。2019年もすでに半分経過しようという時期であるが、一応コラム化しておく。 インドのcmarixという会社の記事である[1]。記事によると、トレンドは全部で11件であるが、今回はその中から3つを選んで紹介する。ただし翻...

View more →